Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例セキュリティ更新プログラム3件を公開 - Officeの脆弱性などへ対応

「MS10-087」は、Mac向けに提供されている「Office 2004 for Mac」や「同2008」「同2011」「Open XML File Format Converter for Mac」に対しても提供するが、「同2011」以外の更新プログラムは、10日の時点で用意が間に合っておらず、同社では今後利用可能になり次第、ユーザーへ通知メールなどでアナウンスを行うとしている。

一方「MS10-088」は、「PowerPoint」の2件の脆弱性を修正する更新プログラム。「深刻度」は重要で、リモートでコードが実行される問題へ対処した。

「PowerPoint 2002」「PowerPoint 2003」のほか、「PowerPoint Viewer」にも脆弱性が含まれており、同ソフトを同梱する「PowerPoint 2007」も影響を受ける。また「Office for 2004 for Mac」についても影響を受けるが、11月10日の時点でセキュリティ更新プログラムは用意されていない。

「Forefront Unified Access Gateway(UAG)」向けに提供が開始されたプログラム「MS10-089」の深刻度は「重要」。

リダイレクトの不具合やクロスサイトスクリプトの脆弱性など、4件の脆弱性に対応しており、特権の昇格が発生する問題などを修正した。セキュリティ更新プログラムは、自動更新で提供せず、ダウンロードセンターから入手する必要がある。

(Security NEXT - 2010/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も