Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例セキュリティ更新プログラム3件を公開 - Officeの脆弱性などへ対応

マイクロソフトは、11月の月例セキュリティ更新プログラムとして、深刻度「緊急」1件と「重要」2件のあわせて3件を公開した。

今回の更新では、「Office」向けのプログラムが2件含まれるが、Windows版の場合「Microsoft Update」を通じて自動更新が可能。Mac版についてはダウンロードを行う必要がある。また一部Mac向け製品の修正プログラムは提供が遅れており、注意が必要。

最大深刻度が「緊急」と設定されているのは、リモートでコードが実行されるおそれがある「Office」の脆弱性へ対処した「MS10-087」。

「Office 2007」「同2010」において、メールをプレビューした際にコードを実行されるおそれがある「RTFのスタックオーバーフロー」や、すでに公開されている「セキュリティで保護されていないライブラリをロードする脆弱性」など、合計5件の脆弱性を解消した。

(Security NEXT - 2010/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
キヤノン製レーザープリンタや複合機にXSS脆弱性
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
Zohoの端末管理製品に深刻な脆弱性 - バグ報奨金制度通じて報告
Check Pointのエンドポイントソフトに権限昇格のおそれ
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性
「VMware Workstation」「VMware Horizon Client」にサービス拒否の脆弱性
ラベルプリンタ「テプラ」の一部製品に脆弱性 - Wi-Fiの認証情報が漏洩するおそれ
「H2DB」にRCE脆弱性 - 「Log4Shell」と同じく「JNDI」に起因
SAP、月例アドバイザリを公開 - 多数製品で「Log4Shell」に対応