Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング対策を強化、URLフィルタリングの対応時間短縮 - ネットスター

ネットスターは、同社フィルタリングサービスにおけるフィッシングサイト対策を強化した。

同社では、2010年4月に短時間でリスト更新が行えるフィルタリング用URLリストの配信システムをあらたに導入。フィッシングサイトでは、早急な対応が求められることから、同システムによる本格的な即時配信を開始したもの。

同社では、6月にフィッシング対策協議会やJPCERTコーディネーションセンターと連携、さらに作業工程の見直しや技術的な改良などを経て、9月ごろより本格的な運用を開始した。リスト更新までの所要時間は製品やサービスの仕様によって異なるものの、従来数時間を要していたところを最短5分まで短縮したという。

即時対応を行うのは、フィッシングサイトのカテゴリがはじめて。今後同社では、「不正コード配布」など、フィッシングサイトと同様に早期対応が求められるほかのカテゴリについても、配信準備時間の短縮を進めていく方針。

(Security NEXT - 2010/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ