Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「景気ウォッチャー調査」対象者の個人情報が所在不明に

内閣府が、地方の景気動向や先行きを把握するために実施している「景気ウォッチャー調査」において、調査対象者36人分の個人情報が所在不明となっている。

内閣府より受託している三菱UFJリサーチ&コンサルティングにおいて、対象者の個人情報が記載された宛名ラベルの所在がわからなくなっているもの。9月調査結果の発送を外部事業者へ再委託したところ、氏名および勤務先住所が記載された景気ウォッチャー36人分の宛名ラベルを紛失した。

同社によれば、宛名ラベルから、景気ウォッチャーの対象者であることを特定することはできないという。同社では、関係者に説明や謝罪を行っており、内閣府に対しても事故の報告した。

(Security NEXT - 2010/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

戸籍謄抄本等交付申請書を紛失、保存箱に誤った廃棄時期ラベル - 神戸市
富士通のネット接続サービス、8カ月以上にわたり侵害か
メール誤送信でキャンペーン参加事業者のメアド流出 - 三重県
配送ラベル二重貼り、異なる顧客情報 - 3Dプリンタ販売会社
賞品発送時に宛名ラベルを二重貼り、個人情報が流出 - 宮城県
河川敷に患者情報含む書類、原因を調査 - 十和田市立中央病院
東日本大震災の都内避難者向け広報誌で、宛名ミス - 東京都
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
患者情報の印字に利用したインクリボンが所在不明 - 中電病院
HDD破壊後に台数確認なく、異常気付かず - ブロードリンク