Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

配送ラベル二重貼り、異なる顧客情報 - 3Dプリンタ販売会社

3Dプリンタなどの販売を手がけるサンステラは、一部商品出荷の際に配送ラベルを二重に貼り付けるミスがあり、顧客の情報が流出したことを明らかにした。

同社によれば、1月12日に出荷した最大200ケース、200人分の商品で誤って配送ラベルを二重に貼けるミスがあったという。

商品を受け取った顧客からの連絡で発覚。下に貼られたラベルには無関係の顧客に関する情報が記載されていた。氏名、住所、電話番号などが含まれる。

スタッフが発送前の最終確認を行った際、出荷予定個数とラベルが一致していなかったことから、再度すべてのラベルを印刷し貼付したが、誤ったラベルを破棄せず、上に修正したラベルを無作為に貼って発送してしまったという。

同社では、対象となる顧客に問題のラベルについて処分するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン
クラウドサービスに不正アクセス、データが削除される - PCIソリューションズ
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用