Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

配送ラベル二重貼り、異なる顧客情報 - 3Dプリンタ販売会社

3Dプリンタなどの販売を手がけるサンステラは、一部商品出荷の際に配送ラベルを二重に貼り付けるミスがあり、顧客の情報が流出したことを明らかにした。

同社によれば、1月12日に出荷した最大200ケース、200人分の商品で誤って配送ラベルを二重に貼けるミスがあったという。

商品を受け取った顧客からの連絡で発覚。下に貼られたラベルには無関係の顧客に関する情報が記載されていた。氏名、住所、電話番号などが含まれる。

スタッフが発送前の最終確認を行った際、出荷予定個数とラベルが一致していなかったことから、再度すべてのラベルを印刷し貼付したが、誤ったラベルを破棄せず、上に修正したラベルを無作為に貼って発送してしまったという。

同社では、対象となる顧客に問題のラベルについて処分するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クレカ会社装うフィッシングサイトの割合が激減 - 5%ほどに
受験生の個人情報を試験場で紛失した可能性 - 日大
PDF生成ライブラリ「dompdf」に深刻な脆弱性 - 2度にわたり更新
フィッシングURLが大幅減 - 10カ月ぶりに1万件下回る
厚労省、医療機関向けにセキュリティ対策のオンラインセミナー
「OpenSSL」にセキュリティアップデート - 脆弱性9件を解消
ランサムウェア「Cl0p」のLinux亜種が見つかる - 復号ツールが公開
患者情報含むUSBメモリが所在不明 - 岩手医科大病院
共通テスト追試申請書をFAX誤送信 - 静岡大
メールの誤送信で職員を戒告処分 - 嘉手納町