Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報の印字に利用したインクリボンが所在不明 - 中電病院

中電病院において、検査を受けた患者の個人情報が含まれるインクリボンが所在不明になっていることがわかった。

中国電力によれば、同院において検査を受けた患者499人の個人情報が含まれる使用済みのインクリボンが所在不明となっているもの。

インクリボンは検査項目などを印字する際、ラベルプリンタで使用したもので、氏名や性別、診察券ID番号、検査項目など、印字内容が反転した状態で残っていた。病状や診察結果は含まれていない。

7月7日にラベルプリンタで検査用ラベルを作成。翌8日にラベルプリンタで異常が生じたため、保守会社に対応を依頼したところ、患者の個人情報が印字されたインクリボンがプリンタにセットされておらず、インクリボンが所在不明となっていることが判明した。

関係者への聞き取りや院内の捜索を行ったが発見できなかったという。同院を運営する中国電力では、対象となる患者に対し書面による説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2020/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
尼崎市USBメモリ紛失、関係者は再々委託先 - BIPROGY「あくまで責任は弊社」
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
顧客情報記載の書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - 広島県信用組合
補助金対象施設リストを誤送信、メール転送時に確認漏れ - 宮城県
特定日の戸籍証明書交付申請書が所在不明に - 枚方市
追加調査で文書保存箱の紛失や誤廃棄が判明、あわせて5箱に - 静岡市
認証飲食店PRで店舗ではなく申請者住所を誤掲載 - 香川県