Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報の印字に利用したインクリボンが所在不明 - 中電病院

中電病院において、検査を受けた患者の個人情報が含まれるインクリボンが所在不明になっていることがわかった。

中国電力によれば、同院において検査を受けた患者499人の個人情報が含まれる使用済みのインクリボンが所在不明となっているもの。

インクリボンは検査項目などを印字する際、ラベルプリンタで使用したもので、氏名や性別、診察券ID番号、検査項目など、印字内容が反転した状態で残っていた。病状や診察結果は含まれていない。

7月7日にラベルプリンタで検査用ラベルを作成。翌8日にラベルプリンタで異常が生じたため、保守会社に対応を依頼したところ、患者の個人情報が印字されたインクリボンがプリンタにセットされておらず、インクリボンが所在不明となっていることが判明した。

関係者への聞き取りや院内の捜索を行ったが発見できなかったという。同院を運営する中国電力では、対象となる患者に対し書面による説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2020/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
約700件の自動車重量税納付書が所在不明 - 国交省
コロナ患者の個人情報が風に飛ばされ紛失 - 神奈川県
肺がん検診受診者の検針票や撮影画像が所在不明に - 相模原市
保管期間中の宿泊台帳が所在不明に - オリックス・ホテルマネジメント
個人情報記載の宛名シールを紛失 - Z会
入試関連の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 立教大
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
高校で卒業生の健康診断票が所在不明 - 東京都