Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

河川敷に患者情報含む書類、原因を調査 - 十和田市立中央病院

十和田市立中央病院は、同院患者の個人情報が記載された書類が、河川敷に投棄されていたことを明らかにした。同院では詳しい原因について調べている。

同院によれば、4月25日11時ごろ、住民からの通報で奥入瀬川遊歩道脇の河原に患者情報含む書類が約20メートルにわたって不法に投棄されていることが判明したもの。問題の発覚を受けて、同院の職員が現場でのべ3回にわたり探索し、あわせて403枚の書類を回収した。

これらは廃棄対象の書類で、3月2日から18日にかけて特定の病棟に入院していた患者の氏名、注射伝票、薬袋、処方箋、検査ラベルなどだという。具体的な記載内容について精査を進めているが、同期間に入院していた患者最大75人分の情報が含まれる可能性がある。

同院では、関係者のヒアリングなど実施し、経緯や原因について調査を進めている。また警察へ被害を相談、青森県へ事態を報告した。対象となる患者に対しては書面により経緯を説明し、謝罪する方針。

従来、書類は焼却施設へ持ち込み、焼却していたが、今回の問題を受け、今後はシュレッダーを導入し、病棟内で処分するよう運用を変更するとしている。

(Security NEXT - 2022/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む調査票を誤発送、封入ミスで - 調布市
非常災害時用端末を用いて他社顧客情報を閲覧 - 九州電力
TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性 - アップデート未提供
Oracle、「Java SE」や「Oracle GraalVM Enterprise Edition」の脆弱性を修正
大学院入試問題や個人情報が学内クラウドで閲覧可能に - 琉球大学
「ManageEngine」の脆弱性、悪用が発生 - 侵害の有無についても確認を
2022年のサイバー攻撃、前年比38%増 - 教育分野への攻撃増加
オープンソースの仮想スイッチ「Open vSwitch」に複数脆弱性
Cisco製の小規模向け一部ルータに脆弱性、PoCも - EOLで修正予定なし
通信資格講座の「合格者の声」に匿名希望者の氏名