Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東日本大震災の都内避難者向け広報誌で、宛名ミス - 東京都

東京都は、都内の東日本大震災避難者向けに広報誌を送付する際、宛名と住所が異なる状態で送付する事故が発生したことを明らかにした。

都によれば、広報誌「都内避難者の皆様への定期便」の一部で、委託先が宛名と住所が異なる宛名ラベルを貼付して送付したもの。9月1日に郵便局より発送したが、翌2日に広報誌を受け取った避難者から、別の宛名が記載されていると都に連絡が入り、問題が判明した。

委託事業者が都よりデータを預かり、宛名ラベルを作成したが、作成時に宛名と住所のデータがズレが発生。送付した836件のうち少なくとも489件で宛名と住所に不一致が生じたという。

都では、対象者に正しい宛名であらためて広報誌を送付。対象者に対して書面で謝罪し、封筒の返却を依頼した。

(Security NEXT - 2021/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃元はパートナー企業、二次流出の痕跡見つからず - キンコーズ
サイバー攻撃で注文情報が消失や流出の可能性 - キンコーズ
宛名と異なる住所へ給付金決定通知書を送付 - 鎌倉市
他人領収証を誤送付、寄付急増によるフロー変更でトラブル - 国連UNHCR協会
コロナの自宅療養証明書を異なる住所へ誤発送 - 静岡県
採用合否通知メールに別人の氏名と合否を記載 - 住友ゴム
異なる住所にDM約1.1万通を誤送付 - クレカ事業者
異なる宛名で会員向け冊子を発送 - 輸入腕時計代理店
子宮頸がん検診の勧奨ハガキを誤送付、名簿作成ミスで - 三浦市
受給者約97万人分の年金振込通知書に別人の情報 - 日本年金機構