Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

正規サイト経由とみられる感染被害が100社超 - Gumblerより巧妙、日本が標的か

国内において、改ざんされたウェブサイトから不正サイトへ誘導され、マルウェアへ多重感染する被害が広がっている。トレンドマイクロによれば、100社以上から感染報告を受けており、詳細について調べている。

今回見つかった攻撃では、正規サイトの改ざんで不正サイトへ誘導させられると、Javaの脆弱性により「JAVA_AGENT.P」や「JAVA_AGENT.O」に感染。「TROJ_DLOAD.SMAB」がダウンロードされ、PC内部に「TROJ_DLOAD.SMAD」を作成される。

多重感染はこれにとどまらず、「TROJ_DLOAD.SMAD」は、「TROJ_DROPPER」ファミリをダウンロード。さらに「TROJ_EXEDOT.SMA」を作成して、外部ウェブサイトへ誘導する。アクセス先はすでにダウンしており、攻撃の目的はわかっていない。

「TROJ_DLOAD.SMAD」は「mstmp」、「TROJ_EXEDOT.SMA」は「lib.dll」というファイルでコンピュータ内に保存される。なかでも「TROJ_DLOAD.SMAD」は多用なバイナリファイルが用いられ、さらに検知や解析を避けるよう難読化されているなど従来より確認されている「Gumbler攻撃」より巧妙になっていたという。

(Security NEXT - 2010/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
デザイン建材通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
ウェブサイトが改ざん被害 - 徳島県の病院
WordPressプラグインの同時多発改ざん、PWリスト攻撃に起因
北海道産地直送センターに不正アクセス - クレカ不正利用の可能性
WordPress向け複数プラグインにバックドア - 侵害状況の確認を
「FileCatalyst Workflow」に深刻な脆弱性 - PoCも公開
アクセサリ通販サイトで改ざん被害 - 影響範囲など調査