Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、セキュリティ関連の相談窓口を一元化 - 相談内容の変化へ柔軟に対応

情報処理推進機構(IPA)は、不正アクセスやウイルスに関する相談を受け付ける「情報セキュリティ安心相談窓口」を設置した。

従来は、ウイルスや不正アクセス、ファイル共有ソフトの「Winny」、不審メールなど、それぞれ個別に窓口を設置して対応を進めてきたが、統一することで利便性の向上を図る。

ここ数年「ワンクリック詐欺」や「Gumblar」など従来と異なる相談も増加傾向が続いており、今後携帯電話に関連した相談の増加も見込まれるなど、変化する相談内容へ継続的に対応していくという。また、対応時間外でも問題解決が行えるよう、ウェブサイトのFAQリストについても充実させていく。

(Security NEXT - 2010/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
約42万件の個人情報が委託先から流出、ランサム被害で - 豊田市
ECサイトの顧客情報が流出した可能性 - 産業廃棄物処理事業者
中学校職員室で机上の解答用紙が所在不明に - 千葉市
コンサルファームがランサム被害 - 顧客に影響広がる可能性
教員がサポート詐欺被害、個人情報に攻撃者がアクセス - 熊取町
スマホサポーターの個人情報が流出、閲覧権限設定ミスで - 東京都
法律相談の予定表、相談者が誤って持ち帰る - 茨城県
ニデック子会社にサイバー攻撃 - 複数サーバでランサム被害
バイト情報サイトから登録者情報が流出 - 転得したとの人物から連絡も