Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、セキュリティ関連の相談窓口を一元化 - 相談内容の変化へ柔軟に対応

情報処理推進機構(IPA)は、不正アクセスやウイルスに関する相談を受け付ける「情報セキュリティ安心相談窓口」を設置した。

従来は、ウイルスや不正アクセス、ファイル共有ソフトの「Winny」、不審メールなど、それぞれ個別に窓口を設置して対応を進めてきたが、統一することで利便性の向上を図る。

ここ数年「ワンクリック詐欺」や「Gumblar」など従来と異なる相談も増加傾向が続いており、今後携帯電話に関連した相談の増加も見込まれるなど、変化する相談内容へ継続的に対応していくという。また、対応時間外でも問題解決が行えるよう、ウェブサイトのFAQリストについても充実させていく。

(Security NEXT - 2010/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マイナンバー含む給与支払報告書を誤送付 - 横浜市
消費者の9割弱、商品サービス選択時に提供企業のプライバシー取組を考慮
セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減
サイバー攻撃でデータ流出、暗号化被害など確認されず - クラレ
サーバがランサム被害、取引先情報など流出 - コックフーズ
「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
医師の私物PCから個人情報流出の可能性 - 新潟県立精神医療センター
改正個人情報保護法の実務対応をテーマとしたセミナー開催 - JIPDEC
サプリ通販サイトに不正アクセス - ログイン情報やクレカ情報が流出
酒に酔って個人情報を紛失した職員を処分 - 東京都