Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

第3四半期にウェブ改ざん116件を調整 - JPCERT/CCインシデント対応状況

JPCERTコーディネーションセンターは、2010年第3四半期に受け付けたインシデントの報告状況を取りまとめた。

インシデントについてウェブやメール、ファックスなどを通じて2441件の報告が寄せられた。報告に含まれるインシデント件数の合計は2761件にのぼっている。調整件数については、前四半期の847件を下回り、701件となった。

インシデント件数の内訳としては、「マルウェアサイト」が965件でトップ。マレーシアのセキュリティ期間から報告件数が減少し、前四半期の1473件から大きく後退した。「スキャン」行為が492件、「フィッシングサイト」が487件で続いている。

「ウェブサイトの改ざん」は、2010年第1四半期をピークに減少しており、353件だった。四半期ベースでみると、「スキャン」の件数は次点だったが、マレーシアの報告が9月に急増しており、今後の動きが注目される。

(Security NEXT - 2010/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2024年1Q、フィッシングサイトが増加 - サイト改ざんやスキャン行為は減少
2023年の不正アクセス認知件数、前年比2.9倍に急増
インシデント件数が約1割増 - 「スキャン」報告が倍増
3Qの脆弱性届け出、ウェブサイト関連が増加
3Qのインシデント、前期四半期比25%減 - 「サイト改ざん」が大幅減少
クラウド利用に約6割が不安、アクセス権限の誤設定を2割弱が経験
Pマーク事業者の個人情報関連事故報告、前年度の約2.3倍に
2Qの脆弱性届け出、ソフトとウェブともに減少
2Qのインシデント件数、前四半期比6%減 - 「スキャン」半減
地方金融機関の7割、セキュリティリスクを評価できる人材が不足