Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブライダル事業者のウェブサイトがウイルスへ感染

ブライダル関連事業を展開するマスダプランニングのウェブサイトがウイルスに感染していたことがわかった。

同社の発表によれば、9月21日ごろから9月29日にかけてウイルスへ感染した状態が続いたという。同社では29日にウェブサイトの公開を一時停止したが、その後安全性を確認し、復旧した。

同社は、問題のページを閲覧したユーザーへの影響について言及していないが、原因など詳細について調べており、判明次第報告するとしている。

(Security NEXT - 2010/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
複数職員が住基システムでコロナ患者情報を業務外閲覧 - 横手市
大阪府立高の緊急連絡受信メール、生徒からも閲覧可能に - 設定ミスで
議会への回答資料に個人情報、市サイトにも掲載 - 奈良市
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
「問い合わせフォーム」からの「なりすまし投稿」に警戒を - 不審URLに誘導
アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
「新冠ワクチン接種のお知らせ」? - ワクチン接種の便乗フィッシングに注意
2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移