Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブライダル事業者のウェブサイトがウイルスへ感染

ブライダル関連事業を展開するマスダプランニングのウェブサイトがウイルスに感染していたことがわかった。

同社の発表によれば、9月21日ごろから9月29日にかけてウイルスへ感染した状態が続いたという。同社では29日にウェブサイトの公開を一時停止したが、その後安全性を確認し、復旧した。

同社は、問題のページを閲覧したユーザーへの影響について言及していないが、原因など詳細について調べており、判明次第報告するとしている。

(Security NEXT - 2010/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
ワクチン接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市
PCR検査の受検者情報を委託先が紛失、その後回収 - 大阪府
緊急事態宣言発令で「情報セキュリティEXPO 春」が開催延期 - ビッグサイト使用禁止で
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
公文書閲覧システムに個人情報を誤掲載 - 埼玉県
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
変異株陽性者の個人情報を県内自治体などへ誤送信 - 長野県
法人向けトレンドマイクロ製品の既知脆弱性を狙った攻撃が発生