Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロアドの広告サーバ改ざん、最大68万人に影響

メディア向けに提供されているマイクロアドの広告配信サーバの一部が不正アクセスにより改ざんされた問題で、同社は最大68万人に影響があることを明らかにした。

一部メディアが約800万人に影響があったと報じたことを受けて否定したもので、同社の説明によれば、改ざんが発生した24日21時半から23時半までの時間帯に閲覧した利用者は最大68万人だったという。

今回の不正アクセスでは、同社の広告サーバが不正アクセスにより改ざんされ、不正サイトへ誘導するコードが提携するメディアに配信された。各メディアでは、閲覧者に対して注意喚起を実施している。

(Security NEXT - 2010/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん
資格検定申込サイトへSQLi攻撃 - メアド流出の可能性
脆弱な旧Wi-Fi機器の使用中止を呼びかけ - 任天堂
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
農研機構の運営サイトが改ざん - トップページに無関係のイラスト
カタログギフト販売サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出した可能性
個情委、メタップスPに行政指導 - 情報資産を把握せず、内部監査規程も形骸化
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
Cisco製コラボレーションツールに重要度「Critical」の脆弱性