Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロアドの広告サーバ改ざん、最大68万人に影響

メディア向けに提供されているマイクロアドの広告配信サーバの一部が不正アクセスにより改ざんされた問題で、同社は最大68万人に影響があることを明らかにした。

一部メディアが約800万人に影響があったと報じたことを受けて否定したもので、同社の説明によれば、改ざんが発生した24日21時半から23時半までの時間帯に閲覧した利用者は最大68万人だったという。

今回の不正アクセスでは、同社の広告サーバが不正アクセスにより改ざんされ、不正サイトへ誘導するコードが提携するメディアに配信された。各メディアでは、閲覧者に対して注意喚起を実施している。

(Security NEXT - 2010/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性
ウェブサイトに不正アクセス、スパム踏み台に - 大田花き
生活保護受給者のデータを改ざん、職員を処分 - 仙台市
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
長岡京ガラシャ祭のサイトが改ざん - 外部サイトに誘導
NVIDIAのGPUドライバに複数脆弱性 - vGPUソフトウェアにも
Dell製シンクライアントOSに深刻なRCE脆弱性 - 更新や運用環境の確認を
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
「Windows Kerberos KDC」の脆弱性に実証コード - 完全な対応には