Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイアウォールの設定をチェックするサービス - セキュアヴェイル

セキュアヴェイルは、企業で稼動しているファイアウォールの設定情報をもとにポリシー評価を行うサービスを、10月1日より開始する。

同サービスは、企業で稼動しているファイアウォールの設定情報を評価するもの。危険性のあるポリシーや集約できるポリシー、推奨ポリシーなどをレポートし、安全性やパフォーマンスの向上などを支援する。

レポート内容に対する質問にメールで対応するほか、オプションとしてログを分析し、使用頻度の高いポリシーや使用されていないポリシーを報告する。対応機器はCheck Point、Juniper NetworksのNetScreen、FortinetのFortiGate。料金は3万円から。

(Security NEXT - 2010/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
フォーティネット、新シリーズ「FortiGate 3000F」を発表
Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード