Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Web2.0」導入によるインシデント被害額は平均200万ドル - 国内平均は300万ドルで世界最高額

マカフィーは、各国企業における「Web2.0」技術の導入リスクについてまとめたレポートを公開した。日本は導入率が低い一方、セキュリティの問題による平均被害額が最も高かったという。

同レポートは、同社の委託により米パデュー大学の研究員が実施したもの。17カ国で従業員1000人以上の企業の意思決定者を対象に、ソーシャルメディア、ミニブログ、協業プラットフォーム、Webメール、コンテンツ共有ツールなどいわゆる「Web 2.0」技術を活用したアプリケーションのビジネス利用における利点とリスクを評価した。

全体的に導入率は高く、なかでもブラジル、スペイン、インドでは90%を超えた。一方、米国、英国、カナダ、オーストラリア、日本で導入が進んでいなかった。

導入企業の75%が、あらたな収入源が掘り起こされたと回答し、40%が生産性が高まり効果的なマーケティングに繋がったと回答した。

(Security NEXT - 2010/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ
SNS業界団体や政府、啓発サイト「No Heart No SNS」オープン
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
ドイツ政府が懸念する産業用制御システムの10大脅威とは