Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

社外だとポリシー違反のブラウジングが3割上昇

従業員の35%は社外において社内以上にウェブサイトへのアクセスをブロックされるケースが多いことがわかった。

メッセージラボジャパンが同社セキュリティサービスを利用している顧客のインターネット利用状況について調べ、判明したもの。内勤従業員と外勤従業員でブロックされるサイトの傾向が異なっており、内勤従業員の場合はアダルトサイトが多かった。

一方、外勤従業員はダウンロードサイトのブロック件数が内勤に比べ5.4倍も多く、ショッピングや出会い系サイトへのブロックも内勤従業員を上回っていた。ブロックされたサイトにおいてマルウェアが含まれる割合は、外勤の従業員がブロックされたアクセスのうち、1807件に1件だったが、内勤の場合は322件に1件だった。

(Security NEXT - 2010/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスの認知件数が前年比約45%増 - 検挙者は9.4%増加
17%が「PPAP」を禁止 - 約4分の1は実態把握せず
国内企業の4割がCISOを設置 - 経営層の専任は2.9%
個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
国内組織の3割強が過去3年間にランサム被害 - 暴露予告や関係者への通知で圧力
2021年度下半期、標的型攻撃対応で62件の緊急レスキュー実施
大企業の4社に1社、CISO同等ポジションを未設置
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
メール誤送信後の対応、「上司に報告」2割強