Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

社外だとポリシー違反のブラウジングが3割上昇

従業員の35%は社外において社内以上にウェブサイトへのアクセスをブロックされるケースが多いことがわかった。

メッセージラボジャパンが同社セキュリティサービスを利用している顧客のインターネット利用状況について調べ、判明したもの。内勤従業員と外勤従業員でブロックされるサイトの傾向が異なっており、内勤従業員の場合はアダルトサイトが多かった。

一方、外勤従業員はダウンロードサイトのブロック件数が内勤に比べ5.4倍も多く、ショッピングや出会い系サイトへのブロックも内勤従業員を上回っていた。ブロックされたサイトにおいてマルウェアが含まれる割合は、外勤の従業員がブロックされたアクセスのうち、1807件に1件だったが、内勤の場合は322件に1件だった。

(Security NEXT - 2010/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
緊急事態宣言後、テレワークで8割がVPN利用、半数以上で遅延
中小へ専門家無償派遣でセキュ対策推進 - 継続指導に課題も
大企業の17.8%、在宅勤務でセキュリティ上の問題が発生
少なくない? テレワーク実施でも紙資料提出で出社
テレワークの課題は社内体制と設備、セキュリティ - 都内企業
CISO設置組織も半数超はセキュリティの事業リスクを未評価
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
不正アクセス禁止法違反による年間検挙は816件 - 前年比1.4倍