Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ハンゲーム」が携帯やスマートフォンを使ったOTPを導入

NHN Japanが運営するPC向けインターネットゲームサイト「ハンゲーム」は、同社ユーザー向けに「ワンタイムパスワード」を導入、ベータ版サービスとして無償提供を開始した。

「ハンゲーム」にログインする際、従来のID、パスワードによる認証にくわえ、使い捨てパスワードである「ワンタイムパスワード」を追加したもの。携帯電話やスマートフォンをトークンとして利用し、画面に表示された6桁の使い捨てパスワードを入力して認証を行う。

同サービスの提供にあたっては、日本ベリサインの「ベリサインアイデンティティプロテクションオーセンティケーションサービス」を採用。今後もトークンを追加していく予定だという。

(Security NEXT - 2010/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
「ファミマTカード」を装うフィッシング攻撃に注意 - T会員番号なども詐取
警察庁、犯罪インフラ化する「SMS認証代行」の取り締まりを強化
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
資金移動業者との連携について会員行に注意喚起 - 全銀協
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協
Android向け不正送金マルウェアが進化 - 海外へSMS送信