Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

さくらインターネットにDoS攻撃、一部サーバが輻輳状態に - 現在は回復

さくらインターネットが、8月17日から18日にかけて外部から複数回にわたるDoS攻撃を受けていたことがわかった。一部サーバで障害が発生したが、現在は回復している。

同社によれば、8月17日16時半から15分にわたり外部からの不正な通信が発生。また翌18日にも外部からDoS攻撃があり12時45分から約18分間わたり一部サーバで輻輳状態となった。

さらに同日20時15分にもDoS攻撃を受け、50分間にわたり正常に通信できなくなる障害に陥ったという。いずれの障害も、すでに解消している。

(Security NEXT - 2010/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
「iOS」などにゼロデイ脆弱性、アップデートが公開 - 旧機種向けにも
DDoS攻撃の踏み台となる「NTPサーバ」の探索行為が増加
Apple、Macやスマートデバイス向けに重要なセキュリティアップデート
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
12月のDDoS攻撃、前月比29件増 - IIJ調査
「iOS 14.4」がリリース、悪用報告あるゼロデイ脆弱性に対処
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1