Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

他ソフトと併用できる情報窃取対策ソフト「Zemana AntiLogger」

アイアールティは、キーロガーをはじめとするマルウェアの挙動を監視し、情報窃取の被害を防止するZemana製ソフト「Zemana AntiLogger」を9月17日より発売する。

同製品は、マルウェアによるIDやパスワード、クレジットカード番号などの情報窃取を防止するセキュリティ対策ソフト。キー入力やSSL通信、ウェブカメラの画像、クリップボードの内容、ハードウェアに関する情報など、不正に取得するマルウェアへの対策機能を備えているほか、レジストリや物理メモリへの不正な書き込み、モジュールへのコードインジェクション、ルートキットのインストールなどを防御できる。

またセキュリティ対策ソフトやファイアウォール、暗号化ソフトなどとの互換性に配慮しており、多くの製品と併用が可能だという。さらに定義ファイルを更新する必要なく、同製品に対する攻撃を防ぐ自己防衛機能を備えている。

価格は、1年版1ライセンスのパッケージ製品が3780円、ダウンロード版が3150円。複数ライセンス版や複数年版も用意している。

(Security NEXT - 2010/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日米豪など8カ国が共同署名 - 中国関与の「APT40」へ対抗
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
取引先や従業員に関する一部情報の流出を確認 - KADOKAWA
北海道産地直送センターに不正アクセス - クレカ不正利用の可能性
国内狙う攻撃キャンペーン「Blotless」 - 再侵入防ぐ対策を
クラウドストレージでデータ流出や消失被害 - ビルコム
転職支援サイトに不正アクセス - 海外サイトに会員情報
バイト情報サイトから登録者情報が流出 - 転得したとの人物から連絡も
オンライン会議「Cisco Webex Meetings」にバグ - 情報窃取に悪用
Check Point機器の脆弱性、当初発表よりも影響大 - 国内で多数機器が稼働