Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東芝、「ハードディスク取り外し」でデータを無効化する技術

東芝は、ハードディスクを取り出した際に内部のデータを無効化する新技術を開発したと発表した。盗難被害に遭ったハードディスク内部のデータにアクセスされることを防止したり、廃棄時のデータ消去に活用できるという。

今回同社が開発したのは、暗号化したデータを解読する「暗号鍵」を、ハードディスクに対する電源供給が失われた際に消去することで、暗号化済みデータを解読ができないようにする技術。

デジタル複合機といったOA機器のハードディスクにも活用でき、リース期間終了時や廃棄などデータを消去できる。またハードディスク内部を複数に分割し、領域ごとにデータの無効化を設定することが可能。

同社では新技術について、従来のようなデータ消去の操作や物理的な破壊などを行う必要がなく、短時間にデータを無効化できるとメリットを説明。暗号化機能を備えたハードディスクへオプションとして搭載していく計画だという。

(Security NEXT - 2010/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

髙野総合Gへのランサム攻撃 - 通信機器の設定ミスに起因か
症例情報登録システムがランサム被害、症例情報一時利用できず - 量研
ニデック子会社へのランサム攻撃、グループ会社にも影響広がる
コンサルファームがランサム被害 - 顧客に影響広がる可能性
データが暗号化被害、業務継続や復旧に向けて情報を収集 - 駒井ハルテック
「Rancher」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
1月のランサム被害に関するあらたな情報流出を確認 - 綜研化学
DC内仮想マシンがランサム被害、サーバ落とすも攻撃者が起動 - KADOKAWA
ニデック子会社にサイバー攻撃 - 複数サーバでランサム被害
ランサム被害、SIMカード搭載PCが攻撃起点か - ほくやく・竹山HD