Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東芝、「ハードディスク取り外し」でデータを無効化する技術

東芝は、ハードディスクを取り出した際に内部のデータを無効化する新技術を開発したと発表した。盗難被害に遭ったハードディスク内部のデータにアクセスされることを防止したり、廃棄時のデータ消去に活用できるという。

今回同社が開発したのは、暗号化したデータを解読する「暗号鍵」を、ハードディスクに対する電源供給が失われた際に消去することで、暗号化済みデータを解読ができないようにする技術。

デジタル複合機といったOA機器のハードディスクにも活用でき、リース期間終了時や廃棄などデータを消去できる。またハードディスク内部を複数に分割し、領域ごとにデータの無効化を設定することが可能。

同社では新技術について、従来のようなデータ消去の操作や物理的な破壊などを行う必要がなく、短時間にデータを無効化できるとメリットを説明。暗号化機能を備えたハードディスクへオプションとして搭載していく計画だという。

(Security NEXT - 2010/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公共事業受託事業者のランサム被害、流出範囲特定で難航か
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も
「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ
VPN脆弱性突かれてランサム被害、情報流出は確認されず - 伯東
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
「Exchange Server」脆弱性、ランサムウェア「DearCry」の標的に
委託先でランサムウェア感染、情報流出の可能性 - 千葉県芝山町
SMBCグループ2社、クラウド設定不備で顧客情報に外部アクセス - バグで対象者特定できず