Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「破壊型」ウイルス製造による器物破損で逮捕 - 他ウイルス関連事件で執行猶予中に

PC内部のファイルを破壊するウイルスを作成し、ファイル共有ソフト「Winny」などで流通させた大阪府泉佐野市在住の男性が、警視庁に器物破損容疑で逮捕された。

今回逮捕された男性は、トロイの木馬である「TROJ_TACO」を作成して配布。北海道の男性へ感染させ、PC内のデータを破壊したとして器物破損に問われている。

問題のウイルスは、感染後にファイルを魚介の画像を書き換えることから、通称「タコイカウイルス」などと呼ばれている。男性が2009年7月ごろに作成したと見られており、同年12月にセキュリティベンダーが確認。情報処理推進機構にも被害相談が寄せらていた。

ファイル共有ソフトでは、感染したPC内部の情報を外部へ漏洩する「暴露型」ウイルスが有名だが、タコイカウイルスは「破壊型」ウイルスで、書き換えられたファイルを復旧することが困難になる。動画ファイルに偽装して配布され、データの破壊だけでなく他ウイルスを作成し、外部へ情報を送信していたと見られている。

逮捕された男性は、通称「原田ウイルス」の作成者で知られ、アニメ画像をウイルスに利用し、ファイル共有ソフト上へ流通させたとして逮捕。2008年1月に著作権法違反や名誉毀損による有罪判決を受け、執行猶予中だった。

(Security NEXT - 2010/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

松井証券で顧客資産約2億円が不正引出 - 長年業務に携わる委託先SEが権限悪用
訪問代理店が顧客情報を不正取得 - ソフトバンク
「Emotet」で10億円以上荒稼ぎか - インフラ維持に5000万円
ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか
楽天モバ、従業員逮捕でコメント - 営業秘密利用は未確認
不正プロダクトキー販売、不正競争防止法違反で送検
自宅で個人情報を保持して外部漏洩、職員を懲戒免職 - 弘前市
顧客情報を漏洩した元職員が逮捕 - 百十四銀
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
個人情報漏洩で弘前市の職員が逮捕