Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業年金基金の加入者情報を誤抽出、別の基金に提供 - 住友信託銀

住友信託銀行は、管理を受託している企業年金基金の加入者および退職者の個人情報を、誤って関係ない別の企業年金基金やコンサルティング担当の金融機関に提供したことを明らかにした。

6月30日、同行が管理する企業年金基金からデータ提供の依頼を受けた際に、データを抽出、提供したが、誤って基金の契約番号が類似している別の基金に関するデータを抽出してしまったという。基金の加入者や退職者約1万4000人の氏名、加入者番号、生年月日、性別、入社年月日など含まれる。

同行では同日中に、誤提供されたデータの削除を依頼。対象となる基金や加入者に対し、報告や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2010/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
顧客情報含むMOディスクが所在不明 - りそな銀
ゆうちょ銀「mijicaサイト」で不正ログインか - 一部で機械的な画面遷移
口座開設申込者の個人情報が流出した可能性 - 商品先物取引業者
顧客情報約250万件含む磁気テープを紛失 - みずほ総研
データの受け渡し過程でバックアップデータ紛失 - 豊橋市
入出金サーバに不正アクセス、顧客情報流出か - サクソバンク証券
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
顧客情報含む伝票を紛失、誤廃棄の可能性 - 百十四銀