Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

秋田銀行、4支店で融資関連書類の紛失が判明 - 貸出金利ミスの調査で判明

秋田銀行の4支店において、融資関連書類310件を紛失していることがわかった。顧客の適用金利を調査したところ判明したという。

所在不明になっているのは、融資稟議書や融資申込書などの融資関連書類310件。顧客の氏名、住所、勤務先、返済口座番号などが含まれる。同行では、個人ローンや事業性貸出など一部貸出金において金利の適用ミスが判明しており、利息の精算など顧客への対応を進めている仮定で判明した。

秋田市役所支店、泉支店、割山支店、卸町支店の4支店において紛失が判明しており、調査の結果いずれも内部で誤って廃棄された可能性が高いと同行では結論付けている。不正利用の事実なども確認されていないという。

(Security NEXT - 2010/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ390件の脆弱性を修正
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
VPN製品「Pulse Connect Secure」にゼロデイ攻撃 - アップデートは5月上旬
「Chrome 90.0.4430.85」が公開、複数脆弱性を修正 - すでに悪用コードも
「SonicWall Email Security」にゼロデイ攻撃 - 修正プログラムがリリース
米政府、「Pulse Connect Secure」のゼロデイ脆弱性対応で緊急指令
「Interop Tokyo」の「ShowNet」解説イベント、4月22日にオンライン開催
自動車への攻撃手法など学ぶトレーニングサービス - NDIAS
都内中小企業のセキュリティ対策支援事業を実施 - 東京都
「デジタルリテラシー協議会」設立 - スキルフレームワークを公開