Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

犯罪者やウイルスの標的となる「安易なパスワード」と「使い回し」

セキュリティ管理にパスワード認証はつきものだ。このごろはICカードを利用したり、生体認証、ワンタイムパスワードなど、パスワードに代わる認証形式が採用されるケースもあるが、アカウント情報とパスワードの組み合わせによるオーソドックスな認証形式は、ウェブアプリをはじめ広く利用されているのが現状だ。

ビジネス用途はもちろん、ウェブメールからゲーム、ショッピング、オンラインバンキングまで、パスワードを利用するシーンは多彩だ。時として重要な情報を守る最後の砦となるパスワードだが、パスワード管理の重要性に対する認識が甘く、被害を受け手しまうケースも少なくない。

フィンランドのセキュリティベンダーであるF-Secureが、英国やドイツ、スウェーデンで実施した調査によれば、インターネットユーザーの2割がパスワードを使い回しており、ゲームやオンラインバンキングなどで利用していた。

パスワードには「忘却」というリスクもあることから、同調査によればパスワードを付箋紙へ書き留めているユーザーが2割、失念により毎回パスワードを変更しているユーザーも約8%存在していた。同社のSean Sullivan氏は、こうしたパスワード管理の「ずさんさ」がサイバー攻撃の被害に遭う原因になっていると指摘している。

(Security NEXT - 2010/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
福岡県の水産支援システムがスパム踏み台に - 1日あたり約20万件
通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か