Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、セキュリティキャンプの参加者を募集 - 今年は「ソフト」「ウェブ」「ネットワーク」に細分化

情報処理推進機構(IPA)は、学生を対象とした「セキュリティ&プログラミングキャンプ2010」を8月12日により4泊5日の日程で開催する。同機構では現在参加者の募集を行っている。

同イベントは、有識者による講義などを通じて、情報セキュリティやプログラム技術や意識の向上を目指すイベント。毎年実施しており今回で7回目を迎えた。

今回のキャンプではセキュリティコースを充実させ、「ソフトウェア」「ウェブ」「ネットワーク」へ細分化。それぞれの分野に関するセキュリティの専門知識を学習する。

同イベントは、22歳以下の学生を対象としており、参加費用は無料。募集人数は60人程度で、募集期間は、6月18日より7月5日17時まで。

(Security NEXT - 2010/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

インシデント対応学ぶ演習サービス - クラウドに模擬環境
NRIセキュア、CTFイベント「NetWars」を2月に開催 - 社会人も参加可
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
機械学習活用したクレカ不正検知サービスを提供 - SBPS
中学校で答案用紙データ含む私物USBメモリが所在不明 - 長野市
ウェブエンジニア向けにセキュア開発の学習サービス - Flatt Security
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給