Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kasperskyのコンシューマー製品で定義ファイルを更新できない不具合

コンシューマー向けのKaspersky製品において、定義ファイルが更新できない障害が一時発生した。すでに問題は解消しているという。

同社製品を販売するジャストシステムによれば、6月3日4時ごろから同日17時45分にかけて一部サーバにおいてアップデート処理が正常に終了しない不具合が発生。「定義データベースの更新がされていません」と表示され、最新の定義ファイルを取得できない状態になったという。

影響を受けたのは、「Kaspersky Internet Security 2010」「同2009」「Kaspersky Anti-Virus 2010」「同2009」および「Kaspersky Anti-Virus for Mac」。すでに不具合は解消している。

ジャストシステムでは、利用者へ定義ファイルのアップデートを実施するよう呼びかけており、引き続きアラートが表示される場合は、ロールバックを実施してからアップデートを行うよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起
長年存在した「Microsoft Defender」の脆弱性が月例パッチで修正
SolarWindsのIT管理製品がAPT攻撃の標的に - 巧妙な隠蔽も
FireEyeの調査ツールが盗難、国家支援受ける攻撃者の手に - 対策ツールを公開
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に