Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「社内PCのマルウェア感染調査」メールに注意 - 添付ファイルこそマルウェア

JPCERTコーディネーションセンターは、マルウェアが添付された日本語のメールが出回っているとして注意喚起を行った。

同センターによれば問題のメールは、「『緊急』社員全員の参加でVIRUS・悪性スクリプト用ファイルの調査」といった件名で送信されており、あたかも社内調査であるかのように装い、添付ファイルを開くよう指示するという。

ファイルを開くとWordのアイコンを偽装したスクリーンセーバファイルが展開。誤って実行するとマルウェアに感染する。また感染に気が付かせないようにするため、同時に「VIRUS/悪性スクリプトの調査」というドキュメントが開くよう設定されていた。

こうした攻撃に関する報告は、同センターへ複数寄せられており、日本語の場合は添付ファイルを開く可能性が高くなるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

警察へのランサム被害報告、1年で倍増 - 目立つ「VPN機器」経由の侵入
再度「Emotet」の感染被害が判明、4月以降4人 - 室蘭工業大
懲戒処分の検討契機に別職員による不正アクセスが発覚 - 小竹町
期間限定で大規模企業に「Emotet」の感染調査を無料提供 - ラック
PC3台が「Emotet」に感染、情報流出の可能性 - システム開発会社
マルウェア感染、9分後に遮断するも情報流出の疑い - 小学館集英社プロ
漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
夏季休暇に向けてセキュリティの再確認を - 盆休み直前の月例パッチにも注意
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
東大関係者を装った迷惑メールに注意 - 学外から実在しないメアドで