Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「社内PCのマルウェア感染調査」メールに注意 - 添付ファイルこそマルウェア

JPCERTコーディネーションセンターは、マルウェアが添付された日本語のメールが出回っているとして注意喚起を行った。

同センターによれば問題のメールは、「『緊急』社員全員の参加でVIRUS・悪性スクリプト用ファイルの調査」といった件名で送信されており、あたかも社内調査であるかのように装い、添付ファイルを開くよう指示するという。

ファイルを開くとWordのアイコンを偽装したスクリーンセーバファイルが展開。誤って実行するとマルウェアに感染する。また感染に気が付かせないようにするため、同時に「VIRUS/悪性スクリプトの調査」というドキュメントが開くよう設定されていた。

こうした攻撃に関する報告は、同センターへ複数寄せられており、日本語の場合は添付ファイルを開く可能性が高くなるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

活動再開「Emotet」、1000社以上で観測 - 発見遅らせる機能強化も
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
メールやSNSでの「偽求人活動」に注意喚起 - 西武HD
「Emotet」だけじゃない - メール返信偽装、PW付zipファイル悪用マルウェアに要警戒
メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - グッドライフカンパニー
協力会社で「Emotet」感染か、なりすましメール出回る - 大多喜ガス
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
市管理サーバが迷惑メールを不正中継 - 笠間市