Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「社内PCのマルウェア感染調査」メールに注意 - 添付ファイルこそマルウェア

JPCERTコーディネーションセンターは、マルウェアが添付された日本語のメールが出回っているとして注意喚起を行った。

同センターによれば問題のメールは、「『緊急』社員全員の参加でVIRUS・悪性スクリプト用ファイルの調査」といった件名で送信されており、あたかも社内調査であるかのように装い、添付ファイルを開くよう指示するという。

ファイルを開くとWordのアイコンを偽装したスクリーンセーバファイルが展開。誤って実行するとマルウェアに感染する。また感染に気が付かせないようにするため、同時に「VIRUS/悪性スクリプトの調査」というドキュメントが開くよう設定されていた。

こうした攻撃に関する報告は、同センターへ複数寄せられており、日本語の場合は添付ファイルを開く可能性が高くなるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
国内ではブラウザ上でのマルウェア検知が7割超 - ESET
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
東大総長を装う「なりすましメール」に注意
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
欧米警察が協力、「Emotet」をテイクダウン - 被害チェックサイトも
メールアカウント2件に不正アクセス - 板橋区医師会
ウェブサイトに不正アクセス、スパム踏み台に - 大田花き
活動再開「Emotet」、1000社以上で観測 - 発見遅らせる機能強化も