Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4月の改ざんサイト検知数は697件、6割弱が「Gumblar」起因 - 個人ブログが標的に

セキュアブレインのまとめによれば、4月の不正サイトは調査開始以来最高を記録した。フィッシングサイトも増加している。

同社が展開する不正サイトチェックサービスにおいて、4月の検知状況を取りまとめたもの。「危険」と判定されたサイトは4058件で、前月の4047件をわずかながら上回り、調査開始以来最高を記録した。またフィッシングサイトも2109件で過去最多だった。

100526sb.jpg
フィッシングが2109件で過去最多を記録(グラフ:セキュアブレイン)

改ざんサイトの検知数は前月の609件から増加して697件。そのうち「Gumblar」型攻撃が原因と見られる改ざんは56.4%で、2010年2月の80.8%をピークに減少しているが、依然として半数以上を占めている。

(Security NEXT - 2010/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
情報流出を狙った攻撃が5割超 - 脆弱性探索も
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少
3割超の企業、IIoT/OTでセキュリティ上の危険を感じたり事故を経験
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも