Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PC上で検出されたマルウェアが前月の2倍に - Dr.Webまとめ

ネットフォレストは、Doctor Webによる4月のウイルスおよびスパムの動向を取りまとめた。ファイル共有ネットワーク「BitTorrent」経由で偽ファイルをダウンロードさせ、ウイルスに感染させる手口が多数確認されている。

同社製品が4月に検出したマルウェアの添付されたメールトラフィックは、3月から28ポイント増加した。またユーザーのPC上で検出されたマルウェアは、3月の2倍以上という大幅増加を見せた。

また4月には、ファイル共有ネットワーク「BitTorrent」のユーザーを狙った詐欺が多数確認された。SEOにより音楽や動画などの検索結果からユーザーをサイトへ誘導し、実際は中身のないアーカイブファイル「Tool.SMSSend.2」をダウンロードさせ、有料のSMSメッセージを送るよう求める攻撃だったという。

同じく「BitTorrent」ユーザーを狙ったトロイの木馬「Trojan.Fakealert.14886」の流行が確認されており、ソフトウェアのインストーラを装って拡散している。

(Security NEXT - 2010/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

避難行動要支援者台帳に別人の個人情報 - 鹿島市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
「小児医療情報収集システム」に不正アクセス - 国立成育医療研究センター
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
新型コロナ陽性者の情報流出で対応窓口設置 - 福岡県