Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PC上で検出されたマルウェアが前月の2倍に - Dr.Webまとめ

ネットフォレストは、Doctor Webによる4月のウイルスおよびスパムの動向を取りまとめた。ファイル共有ネットワーク「BitTorrent」経由で偽ファイルをダウンロードさせ、ウイルスに感染させる手口が多数確認されている。

同社製品が4月に検出したマルウェアの添付されたメールトラフィックは、3月から28ポイント増加した。またユーザーのPC上で検出されたマルウェアは、3月の2倍以上という大幅増加を見せた。

また4月には、ファイル共有ネットワーク「BitTorrent」のユーザーを狙った詐欺が多数確認された。SEOにより音楽や動画などの検索結果からユーザーをサイトへ誘導し、実際は中身のないアーカイブファイル「Tool.SMSSend.2」をダウンロードさせ、有料のSMSメッセージを送るよう求める攻撃だったという。

同じく「BitTorrent」ユーザーを狙ったトロイの木馬「Trojan.Fakealert.14886」の流行が確認されており、ソフトウェアのインストーラを装って拡散している。

(Security NEXT - 2010/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - アップデートの実施を
機械学習ライブラリ「PyTorch」の分散RPCフレームワークに深刻な脆弱性
複数脆弱性に対処したGPUのアップデートをリリース - NVIDIA
BitDefenderのセキュリティ製品に脆弱性 - アップデートを提供
Arm製「Mali GPUカーネルドライバ」の旧版に脆弱性 - 悪用も
「WordPress」向けプラグイン「Icegram Express」に脆弱性 - すでに攻撃も
「PHP」に深刻な脆弱性、Windows版に影響 - アップデートがリリース
【特別企画】都が中小企業のセキュリティ対応力強化を支援 - 検知や復旧体制の構築をサポート
ニコニコ動画にサイバー攻撃 - サービスを一時停止
WP向けeラーニングシステム構築プラグイン「LifterLMS」に脆弱性