Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Twitter」のツイート内には危険なURLも - 不審メールや掲示板と同様の注意を

攻撃目的のユーザーを誤って相互にフォローする「フォロー返し」を行ってしまった場合、不正サイトのURLを含んだツイートが表示され、それに気が付かずクリックするとウイルスへ感染したり、フィッシングサイトへ誘導されるおそれがある。

また著名人や有名企業への「なりすまし」やサービスで用いられる短縮URLなども悪用されているとし、芸能人や企業などをフォローする場合は公式サイトなどで確認したり、短縮URLの本来URLを確認できるツールなどを活用するよう警鐘を鳴らす。

ツイートに書かれているURLを気軽にクリックすることは、「身に覚えのないメールの添付ファイルを開いたり、掲示板のリンクをクリックするのと同様の行為」として注意喚起するとともに、OSやソフトウェアのアップデートや最新のセキュリティ対策ソフトを利用するなど基本的なセキュリティ対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングサイト、4月だけで1万件超 - 「au」の悪用報告が4.5倍に
「フィッシング対策協議会」を装うフィッシング攻撃に注意
料金確定通知を装った「@nifty」のフィッシングに注意
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
「NHK」のフィッシング - 「ネット登録必要」とだます手口
日本年金機構や「ねんきんネット」を装うフィッシングに注意
「ZOZOTOWN」装いクレカ情報だまし取るフィッシング
「mixi」をかたるフィッシング - 「アカウントの使用を制限」とだます
感染増加に便乗? 「偽コロナワクチンナビ」が再来
au装うフィッシング - 誘導に「Google翻訳」を悪用するケースも