Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北海道開発局のPCにウイルス感染のおそれ - サイトも緊急停止に

国土交通省北海道開発局のパソコンにおいて、ウイルスが感染が発生していることがわかった。同局では感染被害の拡大防止のため、ウェブサイトの公開やメール送信を中止している。

同局によれば、ウイルスの感染が疑われる状況となったため、普段利用しているセキュリティ対策ソフトとは別のソフトで検知を行ったところ、バックドアを開くウイルスの感染を確認し、機密情報が流出するおそれがあることが判明したという。

同局では、安全が確認されるまでウェブサイトの提供やメールの発信を停止。また同局サイトよりダウンロードしたファイルやメールの添付ファイルなどへウイルスが感染している可能性があるとして、関係者へ感染の有無を確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
テレワーク増えるコロナ禍のCSIRT対応プラクティス集
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
新コロ患者情報をサイトに誤掲載、複合機でデータ取り違え - 神戸市
新型コロナ感染症発生届のファックスを誤送信 - 名古屋市
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める