Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チェック・ポイント、正規表現やスクリプト言語による検知にも対応したネットワークDLPを発表

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、ネットワーク経由の情報漏洩を防止する「Check Point DLP」を発表した。受注は4月より開始し、5月下旬より出荷を開始する。

同製品は、ネットワーク内でTCP経由で送信されるデータを監視し、情報の漏洩を防止するセキュリティアプライアンス。あらかじめ設定したポリシーに違反するデータ送信を防止したり、ユーザーへ確認を促すことができる。

Check Point DLP
ユーザーに確認を促す画面

記者向け説明会で登壇した同社システム・エンジニアリング本部長の安藤正之氏によれば、検知エンジンには、同社が開発した3層型の「MultiSpect」を採用。「PCI DSS」「HIPAA」など270種類におよぶポリシーのテンプレートを用意したという。

特定の文字列や正規表現、ファイル形式を設定したり、スクリプト言語を利用して検知することが可能で、600のファイル形式に対応している。

(Security NEXT - 2010/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
ネットリスクを学べる高校生向けの無償教材
届け先の個人情報を二次元コード化、置き配時の個人情報漏洩対策 - ヤマト運輸
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト