Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットスター、フィルタリング用URLリストの更新時間を短縮 - 短時間で消滅する不正サイトに対応

ネットスターは、同社が提供しているフィルタリング用URLリストの配信システムを刷新し、リストの更新から配信までの時間を大幅に短縮したと発表した。

同社では、詐欺サイトやウイルス感染サイトなど、3月時点で2億5000万ページ以上の情報を含むリストを、フィルタリングサービス利用者に提供しているが、新システムの採用により、柔軟なリスト配信の環境を整備したもの。

従来の配信システムでは、データベースの更新から利用者のリストへ反映するまで数時間必要としていたが、新システムではリストの更新を最短5分まで短縮したという。

発生から消滅までの間隔が短い不正サイトなどへも利用者からのフィードバックなどを元に対応が可能となったほか、分野ごとのリスト配信に対応し、今後は個別配信や海外向け配信といった需要にも応えていく。

同社より情報の供給を受けているフィルタリング製品やサービスなど、今回の変更による影響はなく、対応状況などは別途アナウンスしていく予定。

(Security NEXT - 2010/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加