Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

改ざんで閲覧者にウイルス感染のおそれ - インフォバーン

コンテンツ事業などを展開するインフォバーンのウェブサイトが、外部からの不正アクセスにより改ざんされ、閲覧者にウイルス感染のおそれがあることがわかった。

外部より不正アクセスを受け、不正なコードが埋め込まれたもので、3月13日15時から翌14日19時にかけて改ざんされた状態だった。同社の調査によれば、2月初旬よりFTPが利用可能となっており、その後複数回にわたる不正アクセスアクセスが発生、14日には複数のIPから接続されていたという。

同社は、不正アクセスの原因について、「Gamblar」によるFTPアカウントの漏洩、ウェブサーバに対する攻撃のいずれかであるとして、詳細を調べている。

期間中に閲覧した場合ウイルスへ感染するおそれがあり、期間中に352セッションが確認されている。ウェブサイト上に個人情報や業務上の機密情報は保存されておらず、情報漏洩のおそれはないとしている。

(Security NEXT - 2010/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

固定資産税下げようとシステム改ざん、職員を停職処分 - 上尾市
調味料通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
通販サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - JF全漁連
通販サイトで個人情報流出の可能性、警察の連絡で発覚 - 長崎県物産振興協会
個情委見解受け再精査、個人情報流出の可能性ありと判断 - こころネット
アンティーク雑貨通販サイトに不正アクセス - ジョイフル本田
公式Xアカウントが乗っ取り被害 - メガネの愛眼
求職情報サイトで遠隔操作やデータ取得の形跡 - 日刊工業新聞
サイトに不正アクセス、テスト環境でPW窃取される - 日水コン
福井県の味噌蔵通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出のおそれ