Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラウザの消えないポップウインドウで送金を要求する詐欺が発生 - Dr.Webまとめ

ネットフォレストは、Doctor Webによる2月のウイルスおよびスパムの動向を取りまとめた。Windowsやブラウザをロックし、解除のため金銭を要求する詐欺行為が、依然としてまん延しているという。

レポートによれば、1月は一時Windowsをロックしてシステムへのアクセスを不可能にする「Trojan.Winlock」の検出数が、1日あたり10万件に達したものの一転して収束。2月はそれに代わって、ブラウザに消えないポップアップウインドウを表示する手口があらたに登場している。

増加しているあらたな手口は、ポップアップウィンドウが表示されて「アクティベーションコード」を入力するまで閉じることができないというもので、コードの入手に有料SMSの送信を要求する。実際はブラウザを強制的に再起動することにより回復するものの、WindowsやMacユーザーにおいて被害が発生したという。

偽ウイルス対策ソフト「Trojan.Fakealert」の被害が依然として広がっていることも同社は伝えている。おもにロシア語圏のユーザーが標的だが、英語圏のユーザーにも被害が発生。2009年10月に検知されて以来、増加を続けており、2月も同社がまとめたウイルストップ20のうち8種を亜種が占めた。

同社がまとめたウイルスの検出状況は以下のとおり。

メールサーバ上の検出ウイルスランキング

1位:Trojan.DownLoad.37236
2位:Trojan.DownLoad.47256
3位:Trojan.DownLoad.41551
4位:Trojan.MulDrop.40896
5位:Trojan.Fakealert.5115
6位:Trojan.Botnetlog.zip
7位:Trojan.Packed.683
8位:Trojan.Fakealert.5238
9位:Trojan.DownLoad.50246
10位:Trojan.Fakealert.5825

ユーザーPC上の検出ウイルスランキング

1位:VBS.Redlof
2位:Trojan.DownLoader.based
3位:Trojan.AuxSpy.111
4位:Win32.HLLW.Gavir.ini
5位:Win32.Dref
6位:Trojan.WinSpy.440
7位:Trojan.AuxSpy.137
8位:Win32.HLLW.Shadow.based
9位:VBS.Generic.548
10位:VBS.Sifil

(Security NEXT - 2010/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
大企業の17.8%、在宅勤務でセキュリティ上の問題が発生
コロナ禍影響で自組織のデジタル化加速、7割 - ITR調査
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク