Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「New York Times」の読者を狙ったターゲット攻撃が発生 - メッセージラボが確認

メッセージラボジャパンは、2010年2月に海外で複数の標的型攻撃を検知したと発表した。

2月中旬に確認したのは、ブラジルの複数銀行に装った攻撃で、利用者に対してメールの添付ファイルで、「Visual Basic」と「Inno Setup」を利用して実行するマルウェアが送りつけられたという。

インストールするアプリケーションを立ち上げると銀行のオフィシャルロゴを表示。さらにインストールするとデスクトップにロゴを利用したアイコンが表示される。

しかしアプリケーションを実行すると実物と酷似したオンラインバンキングサイトが表示されるものの、実際はトロイの木馬が起動してアカウント情報などを詐取するという。

一方「New York Times」のオンライン読者を対象とした攻撃が2月24日に確認された。攻撃対象は、イギリスの企業や公共機関、法律事務所、化学薬品、ギャンブル企業など6組織へ送信された。送信にボットネットは利用されていなかったという。

読者の元に届いたプログラムは、「Times Reader Plugin.exe」などと名乗るものの、入力した情報などを暗号化して外部へ送信するキーロガーで、しばらくすると自身を削除するなど、隠蔽工作も行われていた。

(Security NEXT - 2010/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ランサムDDoS」を国内で観測 - 支払有無で結果変わらず
DoS/DDoS攻撃キャンペーンに警戒を - 各国機関が注意喚起
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
標的型メール攻撃で感染する「Konni」に警戒呼びかけ - 米政府
8月修正のIE脆弱性、韓企業狙う標的型攻撃で悪用
2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも
「Emotet」の脅威 - 組織やビジネスへの影響を考える