Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員がパスワードを詐取して預金を着服 - ソニー銀

ソニー銀行において、元従業員による預金の着服が発生していたことがわかった。パスワードを詐取して不正に出金したという。

2008年9月から2009年8月にかけて元従業員がパスワードを詐取して不正に引き出していたもので、10月13日に顧客より問い合わせがあり発覚した。元従業員は5口座から約3700万円を引き出し、借金の返済にあてていたという。

同行では問題発覚を受け、同行では元従業員について2009年10月に懲戒解雇したほか、管理監督者を処分した。さらに被害を受けた顧客に対して事情を説明し、被害金額を返還。監督官庁へ届け、元従業員を告訴するとともに、業務の見直しを実施した。

(Security NEXT - 2010/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファイル内に顧客情報、気付かず提携先に複数送信 - 神奈川銀
持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
PCR検査の受検者情報を委託先が紛失、その後回収 - 大阪府
「Salesforce」設定不備で顧客情報に外部アクセス - 静岡銀
ファイル送受信機器にゼロデイ攻撃、情報流出の可能性 - 内閣府
通販サイト「ゆとりの空間」、クレカ情報も被害
新コロ受入医療機関へのメールを送信ミス、返信でさらなる誤送信 - 大阪府
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も