Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数年SSLサーバ証明書を年払で提供、設定の負担を軽減 - クロストラスト

クロストラストは、複数年SSLサーバ証明書に、あらたな支払いプラン「3年分割プラン」「5年分割プラン」を追加した。

5年間有効のサーバ証明書「EnterpriseSSL」と、3年間有効の「EnterpriseSSL for mobile」を提供するもので、年次ごとに利用継続を選択することが可能。次年度以降は継続利用の場合のみ料金が発生し、途中解約のペナルティなどは設定していないとしている。

同社では、複数年有効であるため、設定作業の負荷軽減できる一方、年払いを希望する顧客へのニーズに応えることができると説明している。

価格は、「EnterpriseSSL」が6万3000円/年、「EnterpriseSSL for mobile」が7万3500円/年。無償でSSLサーバ証明書を再発行するオプションも用意している。

(Security NEXT - 2010/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
ネット分離環境でファイルを受け渡しする製品 - ソリトン
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE