Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC

NECは、デバイスやコンポーネントレベルでセキュリティへの配慮が求められる産業用制御装置など、IoTデバイスにおいて真正性を確保するセキュリティサービスを、7月より順次提供開始する。

同サービスは、同社のIoTセキュリティ製品やエッジデバイスとブロックチェーン技術を組みあわせて提供するもの。

具体的には、デバイス認証に必要な証明書機能を搭載する同社エッジデバイス「NEC AI Accelerator」について、改ざんが行われていないか真正性を確認できるよう、製造工程も含めてブロックチェーンに登録。

さらに操作ログをはじめ、セキュリティイベントおよび対応内容、廃棄などの運用、保守履歴についてもブロックチェーンで管理。デバイスのライフサイクル全体における証跡の確保が可能となる。

今後同社では、同サービスの対象を他IoTデバイスやサーバなどに拡大するほか、デバイスの製造ノウハウをセンサーやカメラ、工作機械、産業用制御機器などを製造するパートナーに展開していきたい考え。

(Security NEXT - 2020/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2022年4Qのセキュ相談 - 「偽警告」「不正ログイン」関連が増加
狙われる顧客管理ツール「SugarCRM」の脆弱性 - 米政府も注意喚起
「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
都委託先でメール誤送信 - セミナー申込者のメアド流出
児童の遅刻欠席情報、職員間のメールを保護者に誤送信 - 八代市
政府、クレカ会社にフィッシング対策強化を要請 - DMARC導入など
GitHubからコード署名証明書が漏洩か - Mac版プログラムに影響
「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
通販サイトは要警戒、偽管理画面に誘導するフィッシング - 顧客も標的に