Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性診断環境を提供するクラウド型サービス - NTTコム

NTTコミュニケーションズは、脆弱性診断環境を提供するサービス「Bizセキュリティ 脆弱性マネジメント」を、2月1日より提供開始する。

同サービスは、同社のセキュリティオペレーションセンタ「NTT Com SOC」が、ネットワーク機器やサーバなどに対して脆弱性診断環境を提供するもの。米Qualysのリモート診断ソフト「QualysGuard」を採用し、同社のクラウド基盤と組み合わせて提供される。

定額制のため、契約期間中は何度でも診断でき、結果は専用サイトから管理できる。スケジュール設定による自動診断と、手動による随時診断に対応。オプションとして、セキュリティ専門エンジニアによるコンサルティングサービスを用意した。

システム構成がインターネット上の公開機器32IP、イントラネット上の機器500IPの場合、初期費用が30万円、月額利用料が130万円。

(Security NEXT - 2010/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
インフラ事業者対象に脆弱性や情報漏洩のチェックサービス
AWSのセキュリティ設定を網羅的に診断するサービス - NTT-AT
ウェブアプリやクラウドの診断サービスを開始 - アシュアード
セキュリティ診断サービスでレッドチーム演習を提供 - GMO-CS
ブロックチェーンの脆弱性診断サービスを提供 - ProVision
RPAなど活用したウェブアプリの定額診断サービス - ラック
ECサイトの無償脆弱性診断を希望する中小企業を募集 - IPA
「Log4Shell」の診断サービスを期間限定で - セキュアブレイン
「VAddy」の「Log4Shell」診断、無料試用でも - 1月末まで