Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性診断環境を提供するクラウド型サービス - NTTコム

NTTコミュニケーションズは、脆弱性診断環境を提供するサービス「Bizセキュリティ 脆弱性マネジメント」を、2月1日より提供開始する。

同サービスは、同社のセキュリティオペレーションセンタ「NTT Com SOC」が、ネットワーク機器やサーバなどに対して脆弱性診断環境を提供するもの。米Qualysのリモート診断ソフト「QualysGuard」を採用し、同社のクラウド基盤と組み合わせて提供される。

定額制のため、契約期間中は何度でも診断でき、結果は専用サイトから管理できる。スケジュール設定による自動診断と、手動による随時診断に対応。オプションとして、セキュリティ専門エンジニアによるコンサルティングサービスを用意した。

システム構成がインターネット上の公開機器32IP、イントラネット上の機器500IPの場合、初期費用が30万円、月額利用料が130万円。

(Security NEXT - 2010/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
エフセキュアと加賀FEI、IoT機器のセキュ診断で協業
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス