Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

41組織が個人情報を取り扱いながらもSQLインジェクションの脆弱性を放置 - IPAらまとめ

情報処理推進機構(IPA)とJPCERTコーディネーションセンターは、2009年第4四半期の脆弱性関連情報の届出状況を取りまとめた。ウェブアプリの深刻な脆弱性が放置されている実態にも触れている。

同レポートによれば、2009年第4四半期の届出件数は、ソフトウェア製品関連が24件、ウェブサイト関連が127件で、いずれも前四半期よりわずかに減少した。

クロスサイトスクリプティングの届け出が一時大幅に増加し、2008年第4四半期には届出件数が1430件を記録したが、同時期をピークに以降は減少傾向が続いている。ウェブサイトに関する届出が全体の83%を占めた。

2004年7月の届出受付開始からの累計は、ソフトウェア製品に関するものが1018件、ウェブサイトに関するものが4959件で合計5977件となった。1就業日あたりの届出件数は4.47件で、前四半期より微減した。

(Security NEXT - 2010/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
2022年3Qの脆弱性届け出、ソフトとサイトのいずれも増加
脆弱性DB「JVN iPedia」の3Q登録数、前四半期から倍増
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
脆弱性攻撃の8割超が「Office」狙い - いまだFlash狙いの攻撃も
2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
2022年2Qの脆弱性届け出は163件 - ウェブ関連が減少
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験