Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア配布サイトは12月から半減、イベント便乗スパムは活発 - メッセージラボまとめ

メッセージラボジャパンは、1月に検知したウイルスおよびスパムの状況について取りまとめた。新年セールに便乗したスパムや、ハイチ大地震への寄付活動を悪用した詐欺などが目立っている。

レポートによれば、マルウェアなど悪意あるコンテンツをホストしているサイトは1日あたり1760件検知され、昨年12月から56.2ポイントの大幅な下落を記録。検知されたマルウェアの41.4%があらたに確認されたマルウェアで、前月から0.6ポイント上昇した。

ウイルスが添付されたメールの割合は0.31%で、前月から0.03ポイントとわずかながら減少した。悪質なサイトへのリンクを含むメールは13.2%で、前月から5.9ポイント減少している。またフィッシングメールの割合は0.18%で、前月から0.11ポイントの減少となった。

スパムメールがメール全体に占める割合は83.9%と、前月から0.3ポイント減少した。1月は新年特別セールに便乗したスパムが目立ち、1日あたりの送信数がピーク時には全スパムの7.7%を占めた。また、その5割以上が「Grum」や「Cutwail」などのボットネットから送信されているという。

(Security NEXT - 2010/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
マルウェア遭遇リスク、日本は世界で下から8番目
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
狙われるZyxel製ネットワーク管理製品の脆弱性 - ボットネットも標的に