Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員名簿の持出による漏洩が2月に発生 - パナソニック関連会社

パナソニックファクトリーソリューションズは、2009年2月に従業員の名簿が外部へ持ち出され、漏洩していたことを明らかにした。

流出が判明したのは、異動検討用として作成された従業員の名簿。氏名、年齢、所属部署、職位などが記載されていた。

同社では関係官庁へ漏洩を報告。これまで、流出した情報の不正使用などは報告されていないという。また公表が遅れた理由について、社内調査に時間を費やしたためと説明している。

(Security NEXT - 2009/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客向けメールで送信ミス、メアド流出 - フィンテック事業者
敬老祝金贈呈調書が所在不明に - 静岡市
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
元従業員の働きかけに応じて従業員が顧客情報を漏洩 - 野村證券
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - 岩出建設
犬猫関連グッズのサイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
障害者支援施設サイトに入所者の個人情報を誤掲載 - 神奈川県
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪