Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソラン、ソースコード診断ツール「SMART」のライセンス販売を開始

ソランは、プログラマや管理者向けに開発したソースコード診断ツール「SMART」のライセンス販売を開始した。

リアルタイムでソースコードを診断し、バグの混入やコーディングルールの違反を検出できるプログラマー向けの「SMART for Programmer」と、一括してコードを診断し、報告書を作成できる管理者向けの「SMART for Manager」の2製品を用意。またオフショア開発での利用を想定して中国語にも対応している。

同ツールは、同社が展開するJavaのソースコードやウェブアプリケーション、ネットワーク機器の診断サービスで得たノウハウを活用したもので、ソースコードの診断にくわえ、セキュリティ診断で検出する脆弱性の診断ルールも実装したという。

(Security NEXT - 2009/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
パブリッククラウドのセキュ診断サービス - イエラエ
AWSのセキュリティを診断し可視化するサービス - TDCソフト
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
エフセキュアと加賀FEI、IoT機器のセキュ診断で協業
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI