Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

USBオーディオ製品のフラッシュメモリにウイルスが混入 - クリエイティブメディア

混入したワームは、Windowsの自動実行機能により実行され、ハードディスクやUSBメモリなどへ感染が拡大するおそれがある。またトロイの木馬へ感染すると、PCが乗っ取られたり、さらにインターネット経由で不正ファイルがダウンロードされる。

同社では、ワームやトロイの木馬は数年前に発見された既知のものであり、最新のセキュリティ対策ソフトで駆除できるとして、ユーザーに対して対策するようアナウンスを実施。また検知された場合は、感染が拡大している可能性があることから、利用している外部USBデバイスについてもチェックするよう呼びかけている。

USBオーディオ製品Sound Blaster X-Fi Go!のウイルス混入に関するお詫びとお願い
http://jp.creative.com/corporate/pressroom/releases/welcome.asp?pid=13129

クリエイティブメディア
http://jp.creative.com/

(Security NEXT - 2009/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
「vBulletin」の脆弱性狙う攻撃、8月から断続的に発生
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能