Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

USBオーディオ製品のフラッシュメモリにウイルスが混入 - クリエイティブメディア

クリエイティブメディアは、10月より出荷しているUSBオーディオ製品「Sound Blaster X-Fi Go!」のフラッシュメモリにウイルスが混入したと発表した。

特定の工場で製造された一部ロット約3380台の内蔵フラッシュメモリに、ワーム「WORM_RJUMP.AI」とトロイの木馬「TROJ_CORELINK.D」が混入したという。

影響を受ける製品のシリアルナンバーは、「YDSB1100930000001」から「YDSB1100947001000」までの一部。同社では、製品の出荷を停止し、混入した可能性があるロットについて店舗などから回収を行っている。

091208cm.jpg
シリアルナンバーは、パッケージやクイックスタートガイドより確認できる。

(Security NEXT - 2009/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
共用利用オフィスのセキュリティ対策認証制度がスタート