Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FBIからテロで逮捕状、ネットワークを監視する」 - JNSA騙る脅迫メールに注意

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)を装った不審メールが発生しているとして、同協会では注意を呼びかけている。

同協会によれば、問題のメールは英文で「FBIによりテロ行為へ関わったとして逮捕状が出ている」とし、ネットワークを監視しているなどと脅迫する内容で、本文にJNSAの名称や住所、電話番号なども記載されていたという。

現時点で、不審メールを用いてウイルスへ感染させる行為などは確認されていないが、同協会ではこうしたメールをいっさい送付していないとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」
2019年3Qの標的型攻撃メールは113件 - 9割はプラント関連
「変なホテル」の客室ロボに脆弱性 - SNS投稿で明らかに
2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連