Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサイトの問合フォームが改ざん被害 - はくさん信金

はくさん信用金庫のウェブサイトが改ざんされ、不正なメール送信に悪用されたことがわかった。顧客情報の流出については否定している。

同金庫によれば、12月16日にウェブサイトが不正アクセスを受け、同サイトの一部プログラムが書き換えられたもの。

改ざんされたのは、サイト内に設置していた問い合わせフォームで、同ページより意図しないメールの送信に悪用されたという。不着となった不審メールのリターンメール数件が同金庫に届いたことから、同月17日8時半ごろに被害へ気が付き、同日11時45分ごろ同サイトを閉鎖した。

サイト改ざんにともなう顧客情報の窃取や、外部サイトへの誘導といった被害は確認されていない。同金庫のオンラインバンキングについても、しんきん情報システムセンターのシステムにて運用しており、不正アクセスの影響がないことを確認した。

脆弱性を突いた不正アクセスと見られるが、同社では不正アクセスを受けた原因や、不正に送信されたメールの状況など、詳細について調査を進めている。

ウェブサイトは、同月19日18時に復旧。今回の事態を受けて同金庫では北陸財務局に事態を報告したほか、警察にも被害を相談している。

(Security NEXT - 2021/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

資格検定申込サイトへSQLi攻撃 - メアド流出の可能性
農研機構の運営サイトが改ざん - トップページに無関係のイラスト
カタログギフト販売サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出した可能性
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
カラコン通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用された可能性
サイト改ざんで迷惑メール送信の踏み台に - リサイクル事業者
農業用品メーカーサイトで情報流出 - 診断で異常発見、被害認知に時間要す
ワイシャツのオーダーサイトで個人情報流出の可能性 - 店舗顧客にも影響