Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「水道局」装うフィッシング - 未払料金あり給水停止と不安煽る

水道局を装ったフィッシング攻撃が確認されているとして、東京都では注意を呼びかけている。

「【至急】給水停止等の予告」といった件名で、フィッシングメールが出回っているもの。未払いの水道料金があるなどとし、24時間以内にリンク先へアクセスし、支払うよう求める。

支払いの確認ができない場合は、給水の停止や支払督促の申し立てなどの措置を講じるなどと不安を煽っていた。リンク先のフィッシングサイトでは、クレジットカード情報をだまし取る。

2021年12月以降、類似した手口が確認されており、不審メールが届いたとの問い合わせも相次いでいるとして、都では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2022年のサイバー攻撃、前年比38%増 - 教育分野への攻撃増加
2022年12月のフィッシングURL、7カ月ぶりの1万件台
年末年始に向けてセキュリティ体制のチェックを
フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増
IPA、独政府「産業制御システムの10大脅威」の日本語版を公開 - チェックリストも
JPCERT/CC、「ベストレポーター賞 2022」を発表
10月のフィッシングURL、約44%減 - 報告数も減少
9月のフィッシングサイト、銀行関連が急増 - クレカ系は割合減
重要インフラのランサム被害、4分の1は医療関連分野 - 米政府が注意喚起
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加