Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

人気mixiアプリ「サンシャイン牧場」で誤課金や個人情報が閲覧できる不具合

ミクシィのSNSサービス「mixi」内でRekoo Mediaが提供しているmixiアプリ「サンシャイン牧場」において、誤課金や個人情報が閲覧可能となる障害が発生していたことがわかった。

同社では、10月21日より課金サービスを開始したが、サーバの課金システムにおける不具合が原因で課金額を誤ったり、支払いが反映されない問題が発生したもの。さらにユーザーのメールアドレスや電話番号など4200人分が本人以外から確認できる状態になったという。

同社では、10月23日に不具合へ気がつき、サービスを停止。対策を実施した上で同日より課金サービスを再開した。同社では、クレジットカード決済代行会社と協力して返金手続きなどを実施するほか、課金の反映など対応を行っている。

(Security NEXT - 2009/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
国際作戦で「LockBit」の一部関係者を逮捕 - 復号鍵など押収
メールアカウント3件に不正アクセス、個人情報が流出 - 近大関連会社
中学校で生徒用端末から教員用資料が閲覧可能な状態に - 文京区
トヨタの社用車管理サービスに不正アクセス - 原因は古いアクセスキー
旧会員名簿がネット検索可能に、設定不備で - プラズマ・核融合学会
メルマガ登録者情報が流出、犯行声明メールも - 大阪の楽団
求人応募者情報が流出、SEO設定ミスで - イズミのブランドショップ
IR情報の配信委託先から投資家や顧客のメアドが流出 - 丹青社
保健指導関連の個人情報がノーウェアランサム被害 - 千葉市